海外に法人を立てるメリットは?オフショア法人の仕組み

海外に法人を立てるメリットは?オフショア法人の仕組み

なぜ海外のある特定の地域に法人を設立すると節税になるのでしょうか。
その仕組みは次の通りです。
まず日本国内で法人を設立するとします。
その場合、海外にお店を進出したとしても法人所得税率はとても高いものになってしまいます。
加えて言えば、タックスヘイブン地域に開店したとしても国内で設立した法人ではそれほどの節税にはなりません。
ところが、日本人がタックスヘイブン地域で会社を設立した場合、その地域以外からの所得に対しての法人税は無税となるのです。
オフショア法人の利点としては他にもいくつかあります。
非常に低い資本金で法人設立が出来ること、会社維持にかかる手間やコストがとても低いこと、簡単に取引口座の開設が出来ること、オフショア法人名義で投資用不動産を購入しておけば相続も簡単に出来ること、など他にも様々あります。
世界中の富裕層が、どうにかして自分の財産を少しでも守ろうとしてたどり着いたのが、オフショア法人を設立することなのです。