アセットリードについて調べてみた

アセットリードについて調べてみた

株式会社アセットリードは、不動産の売買・仲介・賃貸管理を目的として2000年に設立された有限会社ウインドコーポレーションを前身としています。
2006年には社名を今のものに変更し、それ以降、現在にいたるまで事業を展開してきました。
今は、不動産販売業、不動産流動化事業、プロパティマネジメント事業、CGメディア事業、金融商品仲介業の5つを事業コアとして展開しています。
加えて、5つの事業(リーシング事業、建設事業、マンション管理事業、信託受益権媒介業・不動産ファンド事業)を4つの関連会社がそれぞれ担っています。
物件の取得から、企画開発によるバリューアップとマネージメントを一括して行うことがアセットリードのポリシーであり、それによって不動産のもつ価値を最大限に引き出そうとしているようです。
そしてその価値の最大限化は、既成概念にとらわれないイノベーティブな発想とこれまで培ったノウハウがプロフェッショナルな融合をみせることで成り立つようです。

不動産投資とアセットリード

不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に金銭をつぎ込むことです。
不動産投資には、マンションの一室に投資するものから、戸建て・アパート一棟への投資、そしてマンション一棟への投資までさまざまなバリエーションがあります。
投資対象とする物件が新築か中古かによってリスクや収益の産み方に違いが生まれますし、自己資金の多寡や投資の目的によって、投資スタイルが変化してきます。
アセットリードでは、さまざまなバリエーションの不動産投資物件を多様な投資スタイルにあうように提案できるようです。
不動産投資物件とその資金は、地価の上昇や人口の集中そして社会全体の人口動態に関する構造的な変化によって、地方よりも東京に集中する傾向があります。
株式やFXのような金融商品とは異なり、長期にわたって比較的低リスクのもと安定した収入を得られることが魅力の一つと言えるのではないでしょうか。
アセットリードは、そのなかで魅力ある不動産商品を販売するように心がけているようです。

アセットリードでマンション投資

マンション投資に大きな注目が集まっている理由は、国内や国外の富裕層が国内の不動産に注目し始めているという理由だけではありません。
不動産投資には、サラリーマンや公務員などの平日昼間に勤務している人にとっても魅力的であり、またそれらの人々にとっても大きなメリットがあります。
アセットリードの業績が伸びている背景にはこのようなものがあるのでしょう。
サラリーマンや公務員は、平日昼間に年金対策にも株式市場の動向などを細かくチェックして資産を形成し運用することは難しいでしょう。
しかし、マンション投資のような不動産投資物件は年金対策として活用できますし、節税対策にもなるのです。
アセットリードは不動産投資のエキスパートが集う
最近注目度が高い物件は、東京都内の新築物件です。
というのも、少子高齢化にかかわらず首都圏の人口だけは増加傾向にあると言われているからです。
アセットリードでは、クオリティが高く高級感のあるデザインの物件を作っているようで、多くの物件は都心部に位置するために利便性が高い価値ある物件のようです。