プロに映像制作をお願いしよう

プロに映像制作をお願いしよう

私は飲食店などを経営する会社に勤めていますが、最近ではよくテレビコマーシャルなどで弊社が経営するお店のCMを目にしています。
飲食店にとって味や値段はとても重要なものですが、何よりも大事なのが認知されること。
お店の認知度を上げないことには誰もお店を利用してくれないので、映像制作を行う会社に制作を依頼しました。
以前から情報誌やホームページなどを頻繁に販促活動として利用していましたが、目に見えた結果が得られず、どうしようかという会議の中、私がテレビコマーシャルはどうかという提案をしてみたところ、一度試してみようということになったのです。
撮影は店舗の1つを使うことになったのですが、映像制作の会社に依頼されたことは3つ。
料理の用意とスタッフの準備、店内撮影の許可だけでした。
それだけで良いCMを作れるのか疑問でしたが、出来上がりを見せてもらってビックリ?とても魅力的なお店に見えました。
これを見た人はきっと興味を持ってくれる。
そんな期待を抱かせてくれるものに仕上がっています。
さすがプロは違うなと思いました。

映像制作会社を知ったきっかけ

そもそも私が映像制作に関わったきっかけは、知人の結婚式に出席した時のことです。
披露宴やパーティーに出席したことがある方は想像できると思いますが、その日の披露宴の最後に流れる映像にとても感銘を受け、カメラマンの方に声をかけたことがきっかけです。
てっきり式場のスタッフかと思っていたのですが、よくよく聞いてみると式場と提携している制作会社のスタッフだったので、会社の仕事を依頼するかもと思い名刺交換をしておいたのです。
そこで今回のテレビコマーシャルを依頼することになったのですが、どこで何が起こるかわからないものです。
その映像制作会社は結婚式の動画編集やテレビコマーシャルをよく手掛けているそうで、私の依頼時の疑問にもすぐに応えてくれるなど、とても頼もしい会社でした。
安心して任せられるなと思い、依頼したことを今ではとても良かったと思っています。
みなさんが何気なく目にしているテレビコマーシャルも、そんな映像制作のプロが丁寧に作り上げたものなので、ぜひしっかりと見ていただきたいと思います。

映像制作に必要なものとは

テレビコマーシャルや結婚式の編集に必要な映像制作ですが、やはりそれなりの高性能なカメラが必要です。
状況によっては2台3台と必要で、その映像を組み合わせて一つの作品を生み出すようです。
しかし最近では一眼レフで写真と動画を兼用できるカメラも豊富らしく、撮影状況によってはフットワークの軽い一眼レフをサブカメラとして映像制作に用いることもあるそうです。
実際に知人の結婚式の時にも一眼レフを片手に動き回っているスタッフさんがいました。
そして私が依頼したような飲食店の撮影の時は、料理の魅力を引き出すためにライトが必需品。
初めての映像制作、プロに任せよう
ライトを料理に当てることにより、シズル感を生み出し、いかにも美味しそうな料理に見せなければいけないからです。
そのような状況に応じて撮影方法や機材を選択していき、クライアントの要求や信頼を得る映像を作っていくプロの熟練した技術とアイディアで、受注を増やしていくのが映像制作を行う会社なのです。