ウォーターサーバーの水は水道水より質がいい?

ウォーターサーバーの水は水道水より質がいい?

水道代とは別に、お金を出して購入するウォーターサーバーの水ですのでその水質の良さを感じることが出来るかということは、非常に大きな問題であるかと思います。
日本国内の水は厳しいチェックを経て私達に供給されています。
水道水の安全性は高いものとなっています。
水道水は塩素を投入することによって水の殺菌消毒を徹底しておりますが、その一方でカルキ臭さが残るなど水道水の味や匂いに影響を与えています。
ウォーターサーバーの良いところは、自分の希望する水質を選ぶことが出来るという点です。
数多くのメーカーが提供していますが、メーカーによって水の質は様々です。
まず最近は広く知られておりますが、水には軟水と硬水があります。
硬水はミネラル分を多く含みます。
ヨーロッパの水は硬水で、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多く含まれることで体内の解毒作用や便秘の解消効果もあるとされています。
若い女性がミネラルウォーターで硬水を選んで購入するのはそこに魅力を感じているからなのです。
軟水は、口当たりもまろやかで飲みやすく、赤ちゃんやお腹の弱い方も安心して呑むことが出来ます。
日本のウォーターサーバーメーカーの多くはほとんど軟水を取り扱っているので、そのような方でも安心して使用することが出来ます。
硬水、軟水の区分以外にウォーターサーバーが取り扱う水の種類の区分として天然水、RO水、デザインウォーターの3つがあります。
天然水は名前の通り、水源から採った地下水を原料とし、化学処理をせずにろ過、加熱処理を行っています。
RO水は、通常のろ過では取り除けない小さな不純物を取り除くことの出来る専用のフィルターを使用しており、ミネラル分は一切含有されていません。
純度が高いので、ピュアウォーターとも呼ばれます。
デザインウォーターは、RO水にミネラル分を加えた水です。
不純物は取り除かれていますが、ミネラル分は含むというバランスのいい水質となっています。
このように、使用者の希望や用途に沿った水質のものを選ぶことが出来ます。
どのようなものが灰入っているのか明確にわからない水道水を使用するより高い安心感をもって水分補給、摂取をすることが出来るのです。