ボルダリングの時チョークは何に使うの?

ボルダリングの時チョークは何に使うの?

ボルダリングを行う際に、手につける白い粉のことを「チョーク」と呼びます。
学校の黒板に使用するチョークとは、全く成分も用途も異なるものです。
ボルダリングで使用するチョークですが、成分は炭酸マグネシウムというもので作られています。
テレビの番組で、スポーツ選手が手につけているシーンが多いので、用途については検討がついてる方が多いのではないのではないでしょうか。
そう、「滑り止め」です。
しかし、炭酸マグネシウム自体には滑り止めの効果はありません。
炭酸カルシウムは、吸水性に優れているため、手から出てくる汗を吸い取って、ホールド(壁に付いている石)から手指が滑らないようにしているのです。
人によって、手に汗をかきやすい方、乾燥している方に分かれてくると思います。
そうなると、チョークの使用方法や選び方も異なってきます。
液体タイプ、粉末タイプ、固形タイプ、ボールタイプと分かれており、ブランドによって、その特徴も様々あります。
ご自身の体質や使い心地に合わせて、ショップ店員やスタッフに相談し、実際に試してみて、購入してみて下さいね。

ボルダリングで使用するチョークの選び方

ボルダリングで使用するチョークは、手に出てくる汗を吸着し、滑りにくくしてくれる役割がありますが、たくさん使用すれば良いという訳ではありません。
種類はいくつかあり、ご自身の体質やスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。
主に使用されるのがチョークボールで、網の袋の中に粉末が入っており、チョークバッグに入れて使用するのが主流です。
また、この形だと粉末が飛び散りにくく、巾着の中を詰め替えるだけで良いので、とても使用しやすくなっています。
ボルダリングジムの中には、チョークボールのみの使用を義務付けている場所もあるようです。
次に、液体タイプ。
適量を手に伸ばして使用しますが、アルコールが入っているため、手荒れを起こしてしまう人もいるようで、肌の弱い方にはあまりオススメしません。
固形タイプは、付けたい部分に擦り付けて使うタイプで、細かい塊をバッグに入れて持ち歩きます。
ジェルタイプは、液体タイプよりも粉末が出にくくなっており、アルコールも入っていないので使いやすいかもしれません。
メーカーによっても粒子の大きさが異なりますので、一番良いのは、試してみて、ご自身に合うものを見つけてみるのがいいと思います。

ボルダリングを始めるためにチョークバックを買おう

チョークバッグは、チョークを入れるために大事なもの。
体験をしたい場合には、ボルダリングジムでレンタル出来るので必要はありませんが、長期的にボルダリングをやっていく場合には必要になってきます。
種類は2通りあり、腰に巻き使用するバッグタイプと、据え置き型のバケットタイプがあります。
バッグタイプは大きさが小さめに作られており、本格的なロープクライミングからボルダリングまで幅広く使用可能で、チョークアップしやすいもの、かわいいもの、かっこいいものといった、機能性を重視したもの、デザインを重視したもの等があります。
バケットタイプは、ボルダリングのみで使用するもので、開口部が広くなっているため、バッグタイプよりもチョークアップしやすくなっています。
ポケット付きのものが多いため、ホールドを磨く際に使う歯ブラシを入れて持ち歩くことも可能です。

また最近では、好みのものをご自身で作られる方もいらっしゃるようです。
ショップに選びに行くのも良し、慣れてきたらお手製のものを作って、オリジナル感を出すのもまた楽しそうですね。