洗面ボウルの選び方

洗面ボウルの選び方

ではその洗面ボウルはどうやって選ぶのが一番いいのでしょうか。
どうしても水垢などで汚れがちな水回り。
何より、長くきれいに使い続けることができるのが大切です。
選ぶ基準というのは、実際の使い勝手が良いかどうかで決まります。
洗面所で使う、トイレで使う、ということだけでも変わってきます。
まずタイプ別に見ていきましょう。
「置き型」は洗面カウンターの上に置いて使用するタイプ。
比較的手入れが楽です。
洗面カウンターにはめ込んで使う「はめ込み型」。
洗面所には一般的に今でもこのタイプが多いです。
「半埋め込み型」は埋め込み型に比べてカウンター下の空間を有効に使うことができます。
「壁付け型」は会社のトイレなど、空間に限りがある場所に多いです。
では次に洗面ボウルの素材の違いで見ていきましょう。
陶器製は美しさや高級感を演出できます。
強い衝撃を加えると割れることがあります。
樹脂製は割れることはないですが、傷がつきやすい難点があります。
ホーロー製は水仕事に向いていますが、稀に錆びることがあります。
これらの特徴をきちんと把握した上で洗面ボウルを選びましょう。