横浜の床屋によるかつらは身だしなみであるという論

横浜の床屋によるかつらは身だしなみであるという論

ハゲに触れてはいけないというタブーがある一方で、これを積極的に隠してしまおうという動きがあるのもまた確かである。
そのままでは恥ずかしい状態なので、かつらなり何なりで隠せば何も気にせずとも済む。
確かに「実はハゲている」という事実はあっても、他人に与える印象を良くしたいと思うのは当然のことだ。
これは自分の行きつけの横浜の床屋の論なのだが、ハゲを隠すことをネガティブに捉えるのではなく、むしろ一種の「身だしなみ」と考えるべきだ。
例えばちょうど女性が化粧をするのと同じで、かつらをかぶるのも身だしなみを整える方法の一つなのだ。
身だしなみとは自分の印象を良くする事でもあるので、元がどうこうとは関係なく自分がいいと思うようにやる意味がある。
だから、もし自分が別にハゲていても構わないというならそのままでいいだけの事だ。
かつらをかぶるまででなくとも、自分が横浜の床屋でやっているように髪を整えたりするのもまた身だしなみだ。
というわけで、自分は今後かつらなどが身だしなみのアイテムと考えられる世の中を期待したいと思う。