レーザ発振器の発展をみる

レーザ発振器の発展をみる

レーザー光線は一昔?

二昔?

前に良く聞いた言葉だなと思っていたら、今ではいたる所に使われており、使われすぎていて逆に印象が薄くなってしまっている感じが否めない。

某ヒーローの手からビーッと出る光にわくわくしたのは遠い昔である(レーザー光線ではないが、未来の感じがした)。

レーザーは、精密機器の製造工程や医療の現場、光通信にCDなどの関連装置、普段の生活とは程遠いものからいつも手の届くところにある身近なものまで本当に多様な使われ方をしている。

アインシュタインが確立した基礎理論から約100年の加速度的な展開には目を見張るものがあり、理論の検証や進歩ももちろんだが、技術の進歩も同じかそれ以上の進み方をしてきている。

多様な機械や装置に組み込まれるレーザ発振器はそれぞれの仕様を組み入れ様々な技術を結晶して開発されている。

製造業から医療、娯楽に至るまで様々な場面で求められる形や能力を持つレーザ発振器が開発され、今現在、世界中で静かに活躍している。

これからも新たな発想が生まれたところで、その求めに応じたレーザー技術が開発され続けるのだろう。