奥井建設の制震技術

奥井建設の制震技術

地震の多い日本では、家を建てるときに耐震性が重視されますよね。
皆さんは耐震に対してどんなイメージを持っていますか?多くの方は家をがっちりと固定することをイメージされるのではないかと思います。
しかし、単に家を固めるだけでは、地震が起きても安心して住める家とは言えないのです。
実際、建築基準法で長期優良住宅に指定された家に耐震実験を行うと、通常の家より先に倒壊してしまいました。
実は建築基準法の耐震基準は、地震の際に最低限の救命や避難ができるという基準なのです。
そこで地震が起きても安心して住める家にするために、奥井建設は制震という考え方を推奨しています。
奥井建設の制震技術は家を固めるのではなく、復元機能をもったBOSHINというバネを特徴としています。

BOSHINは柱や梁に与える衝撃を緩和し、地震による倒壊を防いでくれます。
地震の衝撃力を二分の一以下に抑え、繰り返しの大きな余震にも何度も効果を発揮します。